はじめての方へ

あいさつ

1987年、私は18歳でプロのミュージシャンを夢みて上京しました。
しかし、現実は厳しいもので、お金と時間には苦労させられました。
好きなことをするにはお金が必要で、そのお金を稼ぐにはアルバイトで時間が奪われる・・

私の仲間はやがて夢を諦めサラリーマンになり、家族を持ち、自分の理想的なライフスタイルを変え就職していきました。
それも自分が決めた人生、本当にそれで悔いがないのならそれでいいと思います。

ただ私はそのような人に聞きたい、例えば最低必要な生活費(例50万円)
が黙って得られるとしたら、あなたは今の仕事を続けるでしょうか?

それでも続けるというのなら、本当にやりたい仕事をして理想的なライフスタイルを送っている幸せな方だと思います。
この質問は、他に何人ものサラリーマンに聞いたことがありますが、ほとんどの人はその仕事を辞めるといいます。
なぜ辞めるのか・・それは今の仕事に満足できず、妥協しているからでしょう。生きるためにはとりあえずそれしか方法が見つからないからです。

私は、夢を諦めきれず、時間とお金を得るには「独立」しかないと思い、23歳で独立しましたが、いきなり独立はオススメできません。
それはリスクがそうとうあるからです。
どんな独立ビジネスでも加盟金など準備費用がかかり、一寸先は闇と、何かあれば失敗というリスクがあります。

では、それほど時間も奪われず、リスクがなく稼げたらどうでしょうか? 

人はそんなおいしい話は世の中どこにもないといいます。
しかし、私はそれを本気で実現させたいと思い、ノーリスクで継続的な収入につながるビジネスモデルの開発や開拓に徹底して情報を集めているのです。
副業として、ノーリスクで、無理のない自分の空いた時間で、結果を出した利益は、取引が継続される限りその方の財産(権利収入)にしたいからです。
最初は少ない利益かもしれませんが、コツコツと続けて積み重ねていけば、本業の収入を超えることも夢ではないと思うのです。

理想的なライフスタイルを送るには、まずは安定した収入が絶対条件です。
いつリストラされるかわからないサラリーマンだけでは、いまのご時世では安心を手に入れることはできません。
だからこそ、少しでも危機感を感じている方には、まずはノーリスクである「副業」からスタートし、安定したあとに「独立」してより多くの権利収入を掴み、理想的なライフスタイルを手にしてほしいのです。

私はそのような独立した「小さな社長」という輝かしい夢見るスターを応援したく「プレジデントスター」を創立したのです。
独立経営実績はまだ20年足らずではありますが、惜しみなく私の経験をみなさまに伝授していきます。
是非みなさん人生を諦めず、妥協しないで、本当に送りたかったライフスタイルを目指して元気な日本をつくっていきましょう。

プレジデントスター代表
アイエス流通システム株式会社 会長
株式会社樹樹 取締役
株式会社システムハーツ 顧問
エスエスサービス株式会社 監査役

泉 良直